紙の本を読みなよ

主に読み終わったマンガ、小説、その他の本についての感想です

【マンガ】『NeuN ノイン』(1巻)―ヒトラーの隠し子暗殺指令

『NeuN ノイン』高橋ツトム / 講談社

容赦のない暴力を描かせたら右に出る者はいない。

作品の中に漂う空気が濃密で重厚。

血のにおいがマンガから漏れ出してきている。

 

ヒトラーには13人の隠し子がいて、ドイツ各地で出生の秘密を知らぬまま育てられてきた。彼らには一人ずつ護衛(監視?)が付いていた。

ある日、何者かによって子供たちの暗殺指令が出された。

護衛役は「自分に護衛任務を解除する指令を出せるのはヒトラーだけだ」と言い、護衛対象の子供を抹殺する任務には反発する。

次々に襲いかかってくる残虐な刺客から子供を守りながら、逃亡の旅に出る。

 

高橋ツトム氏の描く男も女も超絶にカッコイイ。

なぜだろうか。

信念や使命感が血肉と化している完成された大人を描いているからだ。

彼らはつまらないことでは悩まないし怯まない。

「成長」だとか「モチベーション」だとか、昨今よく使われる薄っぺらい言葉や浅はかなテーマなど歯牙にもかけない。

言葉など必要ないほどのキャラクターの存在感、生命力を感じさせてくれる。