紙の本を読みなよ

主に読み終わったマンガ、小説、その他の本についての感想です

【小説・SF】『know』―天才性とはこういうことだ

『know』野崎まど / 早川書房

野崎まど氏は、天才を天才として描ける作家だそうです。

この作品をちょっと読めばそれが理解できます。

すごい。

キレキレの西尾維新氏をさらにSF寄りにしたような文章、という印象です。

 

ある天才(主人公)がいて、それは世間的にはすごく優秀なレベル。

その彼が、超天才の少女と出会う。

二人の逃避行。ラストの決戦。

最後まで、このストーリーがどこへ向かうのか全く分かりませんでした。

 

「天才のすごさ」を描写するには、そのキャラクターの思考、手段、手法がいかに読者の予想・想像を上回るかだと思います。

ただワトソン役が驚いていればいいってもんじゃない。

著者もすごいですが、著者の身近に天才のモデルが実在する(した)のでしょう。

天才とはどういう風に見えるものかを知っている感じがします。