紙の本を読みなよ

主に読み終わったマンガ、小説、その他の本についての感想です

【小説・SF】『火星の人』―これぞ純粋でシンプルな極上のSF

『火星の人』アンディ・ウィアー / 訳:小野田和子 / 早川書房

非常に理想的でお手本のようなストーリー構成。

純粋に科学技術と知識・アイデアのみで過酷な状況を生き延びる主人公。

たった一人、火星に取り残され、生命を出来るだけ長く維持する方法を模索する。

 長く生きるほど救助される可能性は高まる。

決してパニックにはならず、ひとつひとつの行動が、リスクを取りつつも戦略的・計画的であり、これを貫徹することはまさに理性の勝利となる。

 

陰謀や政治的かけ引き、火星人の存在、ありえない偶然などの余計な要素がない。

本当にアイデア勝負。

救出されるまで火星で生き延びることだけに焦点を当てた、宇宙空間サバイバル。

登場人物も多くないし、それぞれにキャラが立っている。

 

なによりも、主人公のユーモアを失わない強さが、物語から悲壮感を消している。

絶望的な状況なのに、読者視点からはワクワクドキドキしかない。

 

次から次へと難題が立ちふさがってきて、その対策を考えて、実行に移す。

でも予測を超えた事態が発生し、それでも焦らず自棄にならず、ベストじゃないけどなんとかベターな方法で結果を出す。

 

人生とはこうやって生きるべきだという見本だ。