紙の本を読みなよ

主に読み終わったマンガ、小説、その他の本についての感想です

【小説・文学】『闇の奥』―自分の常識が通用しない場所

『闇の奥』ジョゼフ・コンラッド / 訳:黒原敏行 / 光文社

PSYCHO-PASS サイコパス』で狡嚙慎也が読んでいたので気になって買いましたよ。

岩波文庫から半世紀前に出版されていますが、読みやすそうな光文社新訳版を読みました。

 

 コンゴという未開の地、原始の森。濃密な闇。

整備されていない自然、濁流に翻弄される船。

人々の理性のなさ、根源的な恐怖。

そういった雰囲気に満ちた旅。

読んでいて常に緊張感があります。

 

生の緊張感、死や暴力への恐怖、何が起こるか予測できない日常。

 

そういう世界を体験してから、主人公はイギリスに戻ってきます。

そこでの生活の違和感、人々に対する違和感はすさまじい。

 

何度も読み返せる文学作品。

世界の深淵を垣間見させてくれます。