紙の本を読みなよ

主に読み終わったマンガ、小説、その他の本についての感想です

【小説・ミステリー】『殺戮にいたる病』―この叙述トリックは見抜けない

『殺戮にいたる病』我孫子武丸 / 講談社

ミステリーというよりサイコサスペンスもの。

中盤まではよくある連続殺人犯の犯行を描くだけで、凡庸です。

薄っぺらい犯罪心理学の講義を聞かされているかのような、B級ホラー以下の展開。

 

「ハズレかな~」と思いつつ最後まで読めば、

必ず「え?!どういうこと?」とページをめくる手が止まります。

 

文章の意味が分からなくなる瞬間。

代名詞が誰を指しているのか分かった瞬間。

ようやく自分が叙述トリックに騙されていたのだと気付く。

 

まさかこういう構造になっていたとは、全く想定していませんでした。

 

この叙述トリックこそが、この小説をロングセラーたらしめる理由でしょう。

そこに至るまでが、退屈なのですが、ラストの衝撃でチャラになるといった感じでしょうか。そのためにわざと前半を退屈に作ってあるのかもしれません。

 

初読ではまず見抜けないでしょう。

叙述トリックに騙されたい方は一読の価値ありです。