紙の本を読みなよ

主に読み終わったマンガ、小説、その他の本についての感想です

【マンガ】『約束のネバーランド』(9巻)―やっぱり生きてた!(ネタバレ)そして紙の本の存在意義発見

約束のネバーランド白井カイウ出水ぽすか / 集英社

ノーマンが生きてましたね。

一番好きなキャラクターだったので、序盤で舞台から退場したのは残念でした。

 

このマンガは、週刊少年ジャンプということもあってか、設定上はかなり絶望的なサバイバルなのに主要キャラが死にません。そもそも少年マンガとはそういうものであってほしい。『進撃の巨人』のように主要キャラを容赦なく殺してしまうのは心臓に悪い。

 

直接死んだ場面も描写されなかったのでもしかして・・・と思っていました。

 (『ダイの大冒険』のアバン先生パターン)

 

今回の表紙絵と、カバーを外した表紙絵のつながりに鳥肌が立ちました。

すごい!!

カバー下の絵はオマケ的な要素(多くのマンガでは描かれてすらいない)だと思っていたのですが、常識を覆してくれました。

こういう表現方法があったか!と。

これは電子書籍では出来ない表現では?!

紙の本の存在意義を発見できた!

これだ!これなんだ!と。

カバーを外すという読者による行為→驚愕→感動→アイデアに称賛。

 

 

新刊9巻今月発売。

本当にテンポよく発売されますね。

原作も作画も安定して速いということでしょう。すごい。

 

 

《過去記事》

【マンガ記事一覧】(1)~(25)2018.06.09更新 - 紙の本を読みなよ