紙の本を読みなよ

主に読み終わったマンガ、小説、その他の本についての感想です

【小説・ミステリー】『クリスマスに少女は還る』

『クリスマスに少女は還る』キャロル・オコンネル / 東京創元社

 

こういうタイトルの本はクリスマス以外に読むに限る。(へそ曲がり)

夏の本は冬に。冬の本は夏に。

 

少女2人が誘拐・監禁されて脱出を試みる話です。

監禁場所内での少女達の奮闘ぶりと、外では大人たちが犯人と少女を捜索。

 

ラストに驚く事実が明かされ、読者はタイトルの意味が分かります。

 

優れたミステリーは、タイトル、ストーリー、内容の構成、どんでん返し、キャラクター造形、舞台設定などが綺麗にバシッとキマっています。

全てが完璧に組みあがっていてただただ感動するしかない。

 

この作品は主人公の少女のキャラが特に良い。

 大人や友達が困り果てるほどの悪質なイタズラ少女が、こういう絶体絶命の状況下では頼りになる。