紙の本を読みなよ

主に読み終わったマンガ、小説、その他の本についての感想です

【読書術・初心者向け(1)】マジメに本と向き合うな

《マジメに本と向き合うな》

 

巷に「読書術」「読書法」などのタイトルが付いた本は数多くあるので、

個人的に実践している読書術をお伝えしたいと思います。

 

まず「初心者」とは以下の項目に当てはまる方とします。

 

・普段は本を読むことはほとんどなく、話題になったら買ってみることはある(例:芥川・直木賞を有名人が取ったとき)

・毎週書店に通うという習慣がない

・家にマンガ以外の本が10冊以上ない。

 

まず、初めは「本を読もう!」と力まないことが大事です

机に向かって姿勢を正してから本を開くなど論外です。

寝転がって気楽な気持ちで読むのが基本です。

今日1日だけ大量に読むのではなく、習慣づけて毎日続けられるようにしていけるために。

 

あと、「最後まで読み切らないといけない」と無意識に思い込んでいませんか?

マジメな人ほど挫折しがちな理由は、「一度読み始めたら最後まで読み通さないといけない」と多少なりとも思っているからです。

そして最後まで読み通せなかったときに

「ああ、自分はダメな奴だ。」「だから自分には読書なんて向いてないんだ」と

自分を責めてしまうことになります。

 

世間で評価を得ていようと、「自分にとってはつまらない本」というものは必ずあります。無い方がおかしいくらいです。

「今の自分にとってはつまらない本」でも「10年後の自分にとっては心に響く本」というものもあります。

自分にとってつまらない本をいくら丁寧に読みこんでも、吸収できるものはほとんどありません。驚くほど頭に残らないのです。

ですので、つまらないと思った本は読むのをやめていいんだという視点を失わずに読書に取り組んでみて下さい。気負わずに読めるはずですよ。

 

「今の自分が面白いと思える本」をまずは探すことから始めて下さい。